破折の予防

歯根破折の予防

歯根破折の予防は難しい。プラークコントロールをしっかり行えば、歯周病、虫歯を予防することは可能であるが、歯根破折はメンテナンスによって予防することができないのである。

1.歯根破切を起こさせないことはまず第一に無髄歯にしないこと。つまり歯の神経を抜かないことである。

2.歯の神経とる場合でも、極力歯を削らないように心がける。

3.歯の量が少なくなった状態(残根)となると、どうしても差し歯(根管の中に土台を差す治療)になるため、歯根内部に力がかかってしまう。そういった場合でも、フェルールをしっかり作り、歯根象牙質と硬さが近いファイバーコアを接着性レジンセメントで装着することが大事である。

フェルールとは?


フェレールのある歯(写真上)とフェレールのない歯(写真下)

破折の予防 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.