Atraumatic (非侵襲性)Indirect Pulp Capping(間接覆罩)=AIPC

う蝕が歯髄に近接する深部象牙質まで進行した症例において、感染象牙質を徹底して除
去すると、露髄が生じるために抜髄を選択せざるを得ない場合がある。このような場合
に、感染象牙質を意図的に残しそこに覆髄剤を貼付することで、残置した感染象牙質の
無菌化や再石灰化、さらには第三(修復)象牙質の形成を促進して治癒を図る治療法で
ある。

日本歯科保存学会によるAIPCのガイドライン