フッ素の虫歯予防作用の効果は主に二つあります。

1.フッ素が歯に取り込まれると、歯のエナメル質の結晶であるハイドロキシアパタイトがフルオロアパタイトに代わり、虫歯の酸に対して、抵抗が強くなります。

2.虫歯菌が糖を分解して、酸を産生するのを抑制します。

フッ素による虫歯予防は、日本においては歯科医院でフッ素を塗ってもらったり、市販のフッ素入り歯磨き粉を使う、あるいはフッ素洗口剤を使うのが一般的です。

海外においては、水道水にフッ素を添加している国もあります。水道水のフッ素添加に関しては、その安全性に関して様々な報告があり、意見が分かれています。