キシリトールとは、キシリトール (xylitol) は化学式 C5H12O5 で表される、キシロースから合成される糖アルコールの一種です。
キシリトールは砂糖と同程度の甘さがあるにも関わらず、虫歯を起こしません。その理由は、虫歯を起こすミュータンス菌はキシリトールを分解しても酸を作り出すことができないためです。すなわち、「キシリトールは虫歯の原因とならない」のです。
では、虫歯の予防効果についてはどうでしょうか?ミュータンス菌がキシリトールを分解することで、エネルギーを消耗し、糖分の分解能力が落ちる。結果として虫歯を予防するとする報告もありますが、ミュータンス菌がキシリトールを食べ続けると、キシリトールで阻害されないようなミュータンス・レンサ球菌が増えてくることも分かっており、虫歯予防効果については意見が分かれています。
前述のとおり、キシリトールは
1.虫歯の原因とならない甘味料である。
2.唾液の分泌を促す&歯垢のpHを下げない⇒虫歯の再石灰化を起こす。ミュータンス・レンサ球菌の数を減らす効果がある。
とまとめることができます。
ただし、キシリトール100パーセントでないと信頼性は下がります。数パーセントでも砂糖が含まれていれば、虫歯ができる可能性はあるからです。