虫歯のなり易さは一つの要素では決まりません。次のような要因を考慮するべきだと考えられます。

1. 現在のDMF指数、初期虫歯の数

2. フッ素の使用状況

3. 歯磨きの状態

4. 栄養状態

5. 社会的要因

6. 唾液の緩衝能、唾液の量

7. ミュータンス菌の量


アメリカ歯科医師会の基準では次のように分類されています。

★低リスク

3年間初期虫歯を含めて虫歯ができず、虫歯のリスク要因がない

★★中リスク

・6歳未満

3年間初期虫歯を含めて虫歯ができないが、虫歯のリスク要因が少なくとも一つある

・6歳以上

3年間で初期虫歯を含めて虫歯が1、2本できた

3年間初期虫歯を含めて虫歯ができないが、虫歯のリスク要因が少なくとも一つある

★★★高いリスク

・6歳未満

3年間初期虫歯を含めて虫歯ができた

虫歯のリスク要因が多数ある

経済的に貧しい状態

フッ素の不足

口腔乾燥症

・6歳以上

3年間で初期虫歯を含めて虫歯が3本以上できた

虫歯のリスク要因が多数ある

フッ素の不足

口腔乾燥症

アメリカ歯科医師会が提示している虫歯のリスク要因

虫歯菌が多い

歯磨きが悪い

栄養失調

家族の歯の状態が悪い

先天性あるいは後天性のエナメル質の欠損

遺伝的歯の異常

多数の面を含む歯の修復物

化学療法、放射線治療

摂食障害

アルコール、薬物乱用

不規則な歯磨き

虫歯を起こす食事

矯正治療

歯根の露出

マージン不足、あるいはオーバーハングした修復物