歯内療法外来 料金体系 交通案内 メールでご相談


歯内療法とは?

RootCanal01.jpg(68810 byte)

「歯内療法」あるいは「根管治療」とは、残すことができない歯の神経を取り除いたり、汚染されてしまった歯の内部を綺麗にすることにより、歯の健康な機能を取り戻し、歯を保存するための治療です。目に見えない部分ですが、歯の運命を左右する重要な治療です。 歯内療法、根管治療に関する解説、基本情報は、"根管治療.comをご覧ください。

根管治療.comでは、根管治療、歯内療法に関するご相談をお受けしております。 お受けしたご相談は、同じお悩みを持つ方のために、ブログ形式の根管治療専門医相談室で公開させていただいております。お気軽にご利用ください。

 最近寄せられた御相談はこちら↓


※さらに、歯内療法専門医.comでは海外の歯内療法専門誌の論文を中心に、歯内療法における最新の情報を発信しております。こちらは、専門医的話題が中心となります。研究熱心な方にご覧頂きたく存じます。

歯内療法外来とは?

「歯内療法外来」は、「歯内療法を信頼性の高い医院で治療を受けたい。」あるいは「歯内療法の治療を受けたいがどこに行ったらいいか分からない。」 そういった患者様のニーズにお応えするために、歯内療法をご希望の患者様を積極的に受け入れるシステムです。実体顕微鏡やレーザーを使用する最新の根管治療を、十分な知識と2000症例以上の経験をもつドクターが行なうため、安心して治療が受けられます。

sogos.jpg(60088 byte)



歯髄保存療法とは?

残せる可能性のある歯の神経は、当然残さなければいけません。「歯内療法外来」では、歯の神経を保存する、歯髄保存療法も行なっています。3種類の抗生物質を用いて虫歯を抑制する「3Mix療法」、あるいは、高い生体親和性と湿潤下での高い封鎖性を誇るMTA セメントを使用して、深部まで虫歯に侵された歯の神経の保存を試みます。

歯髄保存療法に関するさらに詳しい情報は、3MixとMTA を用いた歯髄保存治療と根管治療をご覧ください。



歯髄保存療法とは?

歯根破折は従来より抜歯が適応とされてきました。「歯内療法外来」では、歯根破折した歯の接着保存治療を行なっております。接着保存治療は適応が限れる治療法です。自分のはを少しでも長く使いたい患者様に行なっております。 口腔内接着法を第一選択とします。

接着保存治療に関するさらに詳しい情報は、歯根破折と接着治療をご覧ください。


★静脈鎮静麻酔について★

不安や恐怖心を取り除き、 リラックスして安心して治療を受けていただくことが可能です。少し眠たい感じになり、知らぬ間に治療が終わってます。「痛いのと怖いのが苦手な方」に大変好評です。